合成界面活性剤というのは、本来は混ざるはずのない水と油を混ぜ合わせるために使われる物質で、身近な商品では台所用洗剤などが挙げられます。そしてみなさんにも思い当たる節があると思いますが、台所仕事をしていると手に湿疹ができてなかなか治らないというような症状を引き起こしたりするのです。

単純な水仕事だけなら手の乾燥はあると思いますが、かゆくてジュクジュクした湿疹まで引き起こすのは、この合成界面活性剤が影響しているといえます。
そして実はこの成分、化粧品にも広く使用されています。美容に敏感方なら、合成界面活性剤の怖さを良くご存じのことでしょう。しばしばみられるのは、油分を含む乳液やクリームなど。これらは水と油を混ぜ合わせたものですから、ほとんどの商品に配合されています。

合成界面活性剤は肌のバリアゾーンを壊すといわれていますので、乾燥肌を引き起こしてしわやシミ、思春期にきびや大人ニキビなどの原因になります。もちろん重篤な影響が出るものではありませんが、長期にわたって使用するのはあまりおすすめできません。エステティックサロンなどを利用している方も、できるだけ合成界面活性剤の入っている化粧品を使用していないサロンを選ぶと安心です。